当店1番のロングアーム 【PLB-136】 シリーズの活用方法をご紹介

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

当店のテレビ壁掛け金具は、固定タイプ、上下角度調節タイプ、フリーアームタイプ等ご用意がありますが、 やはりフリーアームで好きな角度からテレビを視聴したい!というお声をたくさんいただきます。 せっかく壁掛けするなら、アームを引き出して好きな角度に動かしたい!ということでしょうか。 リビング&ダイニングの両方から1つのテレビを視聴したいというお声もあります。大きなテレビを2方向から見れたらテレビの台数も1台で済みますもんね。 そこで、テレビの向きを自由に動かすことができる、当店で一番のロングアーム【PRM-136】シリーズをご紹介いたします。

136シリーズは、SサイズとMサイズがあります。下記ご確認ください。

 

■【26から42型対応】汎用テレビ壁掛け金具 上下左右角度調節コーナーアーム [PLB-136S] 

税別 10,000円(税込 10,800円)

http://www.ace-of-parts.com/product/2496


■【37から65型対応】汎用テレビ壁掛け金具 上下左右角度調節コーナーアーム [PLB-136M] 

税別 11,000円(税込 11,800円)
http://www.ace-of-parts.com/product/2498

SサイズとMサイズの違いは、適合するテレビのインチ数や耐荷重の違いですが、アームの長さは同じです。壁からテレビ背面の金具までの距離がなんと最長65cmになりますよ! こちらをどう活用するかというのをご紹介いたします。

 

▼まずは商品の写真を御覧ください。

136シリーズは、壁側とテレビ側のプレートの位置が左右相違があります

 

▼壁掛け金具を背面から見た図です その差は歴然!

シングルアームでアームの距離を出しているため、折りたたむと真ん中中心に折りたたむわけではありませんので、そこだけ要確認でお買い求めください。

 

▼金具の差を計測してみました。上から見た図になります。

 

136S (Sサイズ)の場合

さほど大きな差ではありません。


136M (Mサイズ)の場合

 

活用できる利点としては、

 

●金具の近くにコンセントがある場合、金具が邪魔しなくて済む

→主にテレビの配線の集合場所はテレビを背面から見た場合右側か正面下部に集中しています。

 ●金具とテレビの間に手を入れてメンテナンスがしやす

→角度調節のつまみがついていますので、調節がしやすくなります。調節方法はまたあとで。

 

▲アームを一番長い状態に引き出してみます 壁からテレビ背面まで65cmあるテレビ壁掛け金具です。当店で一番アームが長いタイプです。 こちらの壁掛け金具の便利な活用方法はというと、、、

 

 

▲テレビ背面の金具部分を90度に折り曲げることができるので、テレビをリビングに設置したとして、ダイニングでもみたい!というときはアームを引き出して 好きな方向に向けるだけ。軽いテレビであればアームを長時間引き出していても問題ありません。





こちら設置の際の注意事項としては、アームが長いので、間柱だけで金具を支えることはあまりお勧めできません。やはりしっかり補強された壁に設置していただきたいので、間柱サイズまで横幅の無い金具となっております。 アームを頻繁にのばす方は、是非壁面にしっかりした補強を入れてテレビを壁掛けしてみてください。 また、その他のアームタイプのテレビ壁掛け金具も、アームの長さ=テレビの幅÷2を計算すると、だいたい90度曲げることができるか、壁掛け金具にテレビが当たってしまわないか確認できますので、是非計算してみてください。 例えばこちらの【PRM-136】シリーズであれば、横幅100cmぐらいのテレビは90度曲げることができます。

 

△また画像のようにテレビを横スライドしたような設置もできます。

 

 

その他のお問い合わせとしては、【PRM-136】シリーズはテレビの上下首ふり角度調整が可能な金具ですが、つまみがたまに緩くなって戻らない!というお声もいただきます。直し方にコツがあります。

 

▲まずはつまみの裏にあるねじを指でそっと抑えます。そしてつまみ部分のボタンのようなところを押しながらつまみを回します

▲つまみを丁度良い位置に合わせたらそのまま固くなるほうに回します。その繰り返しで緩くなったつまみは復活します!お持ちの方は是非お試しください!(固いねじをわざわざ緩くしなくしなくて良いですからね(笑))

 

不明な点がありましたら当店までお気軽にお問い合わせください! 本日も御覧いただきありがとうございました!