テレビ裏に配線をすべて隠したい場合、どの金具を選べば良い?

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。
お問い合わせで多くいただく内容をこちらのブログに掲載させていただいております!

今回は、テレビ背面に配線類をすべて隠したいというお問い合わせを多くいただきますので、当店の金具で可能なものがあるか検証してみました。


コンセントプラグ

「壁のコンセントプラグを金具と一体化させたい」「金具の壁側の空間を利用できないか」とお声をいただきます。もちろん壁側の壁掛け金具がまるで柱につけるようなサイズ感で縦長のプレートの場合はその近くにコンセントプラグがあればテレビで隠すことができるし問題は無いのです。ですが最近のテレビは大型化しており、テレビを支えるアーム型の金具を使用してコンセントプラグを隠すことが出来る金具となると限られてきます。


そこで当店の壁掛け金具を使用してコンセントプラグがおさまりきれいに収納できるのか、実査検証してみました。

まずは壁面部分が大きく空間があいている 【PRM-LT17M】 で検証してみます。



PRM-LT17M

【37〜65型対応】スタイリッシュシリーズ 壁掛け金具 上下左右角度調節ロングアーム - PRM-ACE-LT17M [PRM-LT17M]

こちらの金具はアームをたたむ前は大きく空間があるので、テレビ裏の壁に穴をあけて配線をすべて収納したい方にはおすすめですが、コンセントがむき出しの状態で設置をすると、アームが最後までたためません。下の写真をご確認ください。

PRM-LT17M


基本的なコンセントを刺すと厚みでアームが浮いてしまいます。やはりコンセントを回避できる空間が必要となります。アーム折りたたまず手前に引っ張り出したまま使用する分には問題がありません。コンセントの幅を節約するためにスナップタップ(コーナータップ)を使用して下から配線を刺すなどの工夫をすると良いかと思います。



PRM-LT17M

こちらの写真のようにアームをたたむと金具は一枚の板のようにきれいに収納されてしまいますので、コードを逃がす空間はありません。金具の内側にコンセントプラグを設置するのではなく、外側に設置をすれば解決となります。

次に【PLB-136M】 で検証してみます。こちらの商品も壁側プレートに大きな空間が開いております。

【37〜65型対応】汎用テレビ壁掛け金具 上下左右角度調節コーナーアーム
PLB-ACE-136M [PLB-136M]

PLB-136M



PLB-136M

PLB-136M


やはり検証をしてみるとどうしてもアームがたためないので、こちらの商品も壁側プレートの外側に設置していただく必要がございます。こちらの金具の場合、壁側プレートとテレビ側のプレートの幅に相違があるので、その場所にコンセントを集約するとアームを最後までたたんで設置が可能かと思います。

PLB-136M

写真のように、【PLB-136M】に約21.8cmの空間がありますので、ここを活用し配線類を隠すことができます。また、一回り小さいサイズの金具【PLB-136S】も同様に空間があります。

PLB-136M


写真のように、【PLB-136S】には約11cmの空間があります。通常サイズのスイッチプレートは横幅が約6.5センチなので、ぎりぎり隠すことができます。アーム型を使用して配線類をすっきり裏で収納したい方は、【PLB-136S】【PLB-136M】を検討してみてはいかがでしょうか。 アーム型じゃなくて、固定の金具が良い!という方に強くオススメしたい金具が、【PLB-104】シリーズです。

PLB-104M


【37〜65型対応】汎用テレビ壁掛け金具 角度固定薄型 - PLB-ACE-104M [PLB-104M]


【PLB-104】シリーズは壁側が大きく空間があるので、コンセントプラグの位置に悩む必要なし!また金具の厚みも4cmなので配線類の回避がしやすくなっております。

PLB-104M

壁側に大きな空間があるので、ホテルに設置するためご購入されるお客様が多いです。


是非テレビ周りをすっきりさせてテレビを壁掛けしたいとお考えの方、参考にしてみてくださいませ。